ホーム>ジュリアンブログ>WHOテドロス事務局長  国際的指導力欠如が脅威
ジュリアンブログ

WHOテドロス事務局長  国際的指導力欠如が脅威

202062511413.jpg

 

 

新型コロナウイルスと闘う上で国際的な指導力や団結の欠如が感染拡大以上に脅威になると警告しました。

 

きっと自身の事を言われたんだと思いますがそうでなかったら頭の中を覗いてみたいもんです。

時系列で彼の言葉をあげてみます

 

1/19  人から人への感染リスクは少ない

1/22  緊急事態には当たらない

1/28  中国政府が迅速で効果的な措置を取ったことに敬意を表する

1/29    中国から外国人を避難させることは勧めない

1/31  渡航や貿易を不必要に妨げる措置をすべきではない

2/27    予防目的でマスクを 着用する必要はない

 

WHO(世界保健機関)事務局長の世界に発した言葉は全て間違っていました‼️

 

明らかに中国武漢で爆発的に感染拡大している事は我々でもニュースで

日々の状況や最初に警告を発した医師の事も全て承知しています。

 

IT全盛時代の今隠蔽することは不可能です。

にもかかわらず中国とその後押しで事務局長になれたテドロス氏は必死に誤魔化しました。

中国の言いなりで動いていることは誰が見ても明らかな国際機関のトップ。

 

最大出資国のアメリカが中国寄りの姿勢に怒りWHO脱退を表明、

新型コロナウイルスを封印した台湾を無視した張本人が、

『国が結束すること、国際社会が団結することを世界は切実に必要としている』

と声を大にしても何を言ってんだですよね

 

 

新型コロナウイルス感染症は明らかにWHOのトップによる人為的ミスによって

世界的なパンデミックを引き起こし 今も毎日13万人以上の人が感染し亡くなっています

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4359

ページ上部へ