ホーム>ジュリアンブログ>ダイヤモンドプリンセス号への対応
ジュリアンブログ

ダイヤモンドプリンセス号への対応

2020222142754.jpeg

 

 

日本が世界第2位の感染者数になってしまった元凶の豪華客船ダイヤモンドプリンセス号への日本の対応が

世界から批判されていますが、批判は簡単です。



私は何の知識もないので批判も、疑問視もしませんがこれについては冗談じゃないと言いたい‼️

もし3711人も乗っているダイヤモンドプリンセス号が自分たちの国に寄港したらどう対処するって言うのか

この未知なるウイルスの発生源の中国の武漢から政府の用意したチャーター機で戻ったその中の陰性の

人だけでも受け入れてくれたのは千葉県のホテル三日月しかなかったんですが、ホテルのある勝浦市では

風評被害が起きてしまいました。



WHOが緊急事態宣言を出したのが1月30日。武漢で最初の発症者が出始めてから1月以上も過ぎていました。

中国の初動ミスと中国に逆らえないWHO事務局長、もっと早く緊急事態宣言を出していれば対応も結果も

違っていたと言っても過ぎてしまったことを言ってもはじまりませんが、クルーズ船内でのイベントや

ビュッフェを介してこの新型コロナウイルスは瞬く間に蔓延してしまいました。



2月3日横浜に寄港した時点で感染疑いのある31人の内10人が感染と判明、翌日も10名が感染、

日本政府は乗客を隔離という措置を取りましたがもう毎日感染者が出てきて今日に至りますが、

海外からも日本の船内隔離が感染を増殖させていると批判していますが、隔離という形を取ったために日々

感染者は減少していますから間違いを犯してはいませんし批判は的外れです。



1月に香港で下船し後に感染が確認された男性が元ではありますが、2月1日に那覇港に寄港、

またここで武漢からの観光客からウイルスをもらって更に拡散された事は間違いないところですね

さらに船内イベントとビュッフェを続けたアメリカの船会社の責任だと思いますが違いますか?

批判をしているアメリカのマスメディアさん



船内の様子をSNSで発信し続けていた英国のご夫婦も感染、

日本の隔離が原因だと批判したこの夫婦の息子さん船内から出ないように言われていたのにルールを

守らなかったのを棚に上げての批判は筋違いでしょ

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4292

ページ上部へ