ホーム>ジュリアンブログ>永遠に日本を恨み続ける韓国
ジュリアンブログ

永遠に日本を恨み続ける韓国

2019712103650.png

 

日本のホワイト国解除による輸出規制で慌てふためいている韓国ですが、

どうしてここまでなってしまったのか未だに自分達が間違っているのが

分かっていながら誰も分かっていないふりをしています。

 

何しろ国民感情が一番であり裁判でも判決が覆る国ですから誰も何も言えません。

 

 

日本は朝鮮半島を含む東南アジアの国々を植民地として統治していた時代がありました。

昔から軍事力のある国が同様に他国を統治し、

自国の領土として勢力拡大していたものでアジアではただ1国それが出来たのは日本だけでした。

 

 

その間に第二次世界大戦に突入したものですから日本は朝鮮半島の人々に軍事工場の働き手として

徴用工や慰安婦を募集し日本本土の工場や戦地に慰安所を開設し働いてもらった事は事実ですし、

写真も多く残っています。

 

ただ違うところは何れも強制ではなく募集をし、朝鮮の人達がいわゆる人集めをしたと言うことです。

また彼らは無報酬ではなくかなり条件的にはよい収入を得ていたはずですが何故かそれを証言する人がいません。

いやいたのだと思いますが周囲から封じられたと見るべきですね

そしてそれらの人達も高齢の為もう事実が明らかになることは無理でしょう。

 

 

朝鮮半島の人達がそんな日本に対して総理大臣が変わる度に謝罪しろ、

賠償しろということは蓄積された恨みをほんの少し晴らす程度のことなんだと思います。

 

朴クネ前大統領の父、朴チョンヒ大統領の時の1965年に日韓請求権協定が締結されました。

財産及び請求権に関する解決並びに経済協力に関する日本と韓国との間に締結されたもので、

朝鮮半島に残したインフラ、資産、権利を放棄、当時の韓国の国家予算の2年分以上の資金提供をし、

日韓国交樹立、両国間の請求権の完全かつ最終的な解決、日韓関係正常化が取り決められました。

 

このブログを書くにあたってどれだけの金が支払われたのか調べて分かったのですが大変な金額だったんですね。

無償で3億ドル、有償で2億ドル、民間借款で3億ドルの計8億ドル。今の時代に換算すると1兆800億円。

なんと韓国の国家予算の2.3倍だったそうです。

 

しかし韓国は徴用工や慰安婦には1銭も渡していません。

何故ならば彼らは金銭をもらっているのを知っているからですが、

今は強制的に連行され無償で働かされた被害者として日本を責める材料にしてしまっていますから

今更掘り返されると政府に責任がきてしまいますので絶対に触れたくない過去の話なのです。

 

 

韓国国民は日韓請求権協定の中身を知っているのでしょうかね?

多分ほとんどの人は中身は知らないでしょうね

半日教育で日本を永久悪者にしておきたいのと、

政治家も人気回復の特効薬が反日なのでこれも失くすわけにはいかないのでしょう。

 

 

自分達の都合が悪いことは知られては困るので、

せっせせっせと反日教育をし日本及び日本人を敵だと教え込んでいるのですが、

これを止めない限り永遠に仲良くはなれないでしょう 可哀想な国家、国民だと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4279

ページ上部へ