ホーム>ジュリアンブログ>山尾志桜里 何様のつもり
ジュリアンブログ

山尾志桜里 何様のつもり

201952413311.png

 

今一番図々しいやつは誰かと尋ねたらまあ間違いなくこの人の名が上がるでしょうね

 

つい先日も国会会期中に無届けで海外に渡航したとして衆議院議員運営委員会から注意を受けました。

『不注意で提出を忘れていた。経済視察だった』と所属する立憲民主党からの聴取にそう答えたという。

『反省しています』でこの件は終わりにしたいそうです。

 

何で最後に経済視察とか言い訳するのでしょうね。 同行したのはやはりあの倉持麟太郎弁護士でした。

今さら説明するまでもないのですが、W不倫の末両方の家庭は崩壊し離婚をしていますが、

子供の親権は何故か不倫した二人が持つことになっています。

余計なことですがお子様の心を心配してしまいます。

 

彼女の経歴を見てみますとあのプライドがどこからくるのかが垣間見れます。

東京学芸大学付属中高を経て東大に入学、3年の時に法学部に転部卒業後司法試験に合格、検察官になり、

民主党絶好調の時に小沢一郎からスカウトされ衆議院選挙に出て当選しています。

 

素人集団の民主党ですから、たちまち重要ポストに重用され高い鼻がさらに高くなってしまったんでしょうね

 

自民党議員の不倫が発覚した時には『無責任』『気持ちがたるんでいるからだ』と激しく責めまくりました。

そのすごい人が自らやってしまった事の説明はしない、責任は取らないで逃げてばかりでした。

『政策の相談をしていただけ』『男女の関係はない』で通してしまいました。

泊まっていたホテルはキングサイズのベッドが一つある部屋だったにも関わらずです。

 

 

議員になる人はやはり根性が座ってますよね

爪の垢を販売したら、この人のは連〇さんや辻〇さんよりも高く売れると思います。

 

このそうそうたる面々の共通の好きな言葉が『説明責任』『任命責任』『議員辞職』でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4271

ページ上部へ