ホーム>ジュリアンブログ>辺野古への移設を速やかに
ジュリアンブログ

辺野古への移設を速やかに

201952142737.jpg

 

沖縄の米軍基地といえば嘉手納の空軍基地と普天間の海兵隊飛行場が特に有名ですがそれ以外にも沢山の米軍施設があります。

 

日本にある米軍基地の70%がこの沖縄に集中しています

これは中国からの侵略に対処する上で戦略的に重要な位地にあるために未来永久無くすことは絶対にありません。

 

普天間基地は作られた時には周辺には何もない所でしたがその後学校や住宅が出来て今や世界一危険な基地と呼ばれている状態です。

1996年に日米でこの世界一危険な普天間基地とその他11もの米軍施設の返還合意がなされました。 もちろん無条件ではありません。

それらの基地、施設の役割、機能を移転出来る場所が辺野古しかないとなり地元も受け入れ合意で事が進むはずでしたが

皆さまの記憶に新しいあの悪夢の民主党時代の鳩山総理が 『最低でも県外』の一言から迷走をはじめてしまい今日に至っています。

 

亡くなられた沖縄の前知事も現知事も元は自民党の議員で辺野古移設を進めていた人でしたが、何故か今は移設反対の先頭に立っています。

反対ばかりでこれといった代案も無いまま、普天間の危険は放置です。

 

何故なんでしょう⁉️

 

珊瑚礁やジュゴンの保護は可能です。

軟弱地盤にお金も時間も掛かることが予想されていますが、日米双方で決めた事、

危険な普天間飛行場を1日でも早く移転させる事が一番大切なんじゃないんですか?

 

在韓米軍の基地負担金の倍増を米国が要求したところ韓国は拒否、

仕方なく要求額を下げましたがそれも拒否した韓国をアメリカは在韓米軍の撤退をも視野に考え始めていますが、

沖縄の基地の重要性は益々増すばかりです。

デニー玉城知事は中国の一帯一路構想にも興味を示しており大変危険な方向に向かいかねません。

 

尖閣諸島も米軍の睨みがなければ海洋進出を強めている中国に上陸され奪われているでしょう。 韓国に奪われた竹島のように

 

もう一度言います。

 

基地を増設するのではありません。 沖縄県民の安全と負担を軽減するための移設です。

成田空港の2倍以上ある普天間飛行場には雇用を生む施設の誘致なども可能でしょう 反対ばかりでは何も生まれません。

もっと10年20年先を見据えて建設的な思考が必要です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4262

ページ上部へ