ホーム>ジュリアンブログ>日本に生まれて良かった②
ジュリアンブログ

日本に生まれて良かった②

2017131103854.jpg

 

【日本に生まれて良かった②】


アパホテル代表のいう『南京大虐殺』と『慰安婦の強制連行』は無かった云々は過去の色々な文献などの

調査研究を重ね書かれたものですが、両方の国のいう数字が明らかにでたらめだと言っているのです。


旧帝国陸軍が対戦相手の中華民国との南京戦において、占領地で2ヶ月近く統制を図っていた時ですから、

それに近いことはあったと思いますが、中国は30万人もの市民や軍人を虐殺されたとするもので、

アパホテルの代表は当時の南京の人口が約20万人、事件があったとされた1か月後の南京の人口は

25万人と言われていますから、30万人はどこの人だったのでしょう?


大虐殺があった1カ月後に人口が増えてるんですけどね

南京にそんな大量の人が眠る墓地ってありますか?


また韓国のいう慰安婦20万人も強制連行したのであればそれに対する抗議の記録もあってしかるべきですが、

全く存在しないし、私生児も存在しないし、慰安婦だったとする人の数が余りにも

少なすぎるのはなぜなのかな?


以前も取り上げたことがありますが、この2国は被害者としていかに日本が酷い国だったかを強調する為に

途方もない人数を出してしまった為にそれを正当化させようとあらゆる方法で自国民に浸透させたのだと

思わざるをえません。


韓国の世宗大学の朴裕河教授が書いた『帝国の慰安婦』が慰安婦の名誉を毀損したと

裁判にかけられましたが先日無罪となりました。

この本には『日本や日本軍が、公式的な政策を通じて朝鮮人女性たちを強制連行し、

日本軍慰安婦として作ったことはない』と書いています。


韓国人の教授が自国民が語りつがれている真実を覆すことを

取材もしないで書いたものではないはずですよね
             

むしろ地道に慰安婦だった女性に接し取材し見えてきた真実を執筆したものでしょう


若女井

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4141

ページ上部へ