ホーム>ジュリアンブログ>踏ん張れ小池百合子
ジュリアンブログ

踏ん張れ小池百合子

2016121114116.jpg

 

 

【踏ん張れ小池百合子】



豊洲問題と東京オリンピックの会場やボランティアユニフォームデザイン問題と

舛添前知事が残していった重要案件でテレビに登場しない日がないくらい頑張っている小池百合子氏ですが、

やはり批判的な事をいう人がいます。



ボート会場は当初の海の森案を予算縮小してやることになりましたが、

宮城県の長沼ボート場を引っ掻き回したと、小池百合子氏を悪者にしている人がいますが、

これらは宮城県がうちなら費用も安くできる、復興オリンピックという面でもいいのではと

売り込んできたものです。


水泳会場、ボート会場は当初案を簡素化し建設費用を削減、バレーボール会場については

新たに有明に作る案と既存で東京から近くの横浜アリーナを利用という案を年末迄に決定するとしました。



これに対し組織委員長の森喜郎氏が横やりを出しています。

決定会議も透明性を求める小池氏に対し非公開を求める組織委員らに対し、

公開で押し通した小池百合子氏は立派でした。


今までの知事とは比べようもないくらいの問題が山積している中で実に見事に立ち回っています。

他の人で出来たと思いますか⁉


心ない人は政界でもあちこち歩き回った人だから信念がないとか、

パフォーマンスだけの目立ちがりやだとか揶揄する人がいるのには怒りを覚えます。

完璧な人間はおりませんが、彼女はこの状況の中、それに近い働きをしているのではないでしょうか



健康に留意されこの難関を乗りきって頂きたいと思いますし、彼女ならば出来ると信じています。


若女井

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4126

ページ上部へ