ホーム>ジュリアンブログ>2016年12月

2016年12月

日光浴の効果が凄い‼

20161226105154.png

 

【日光浴の効果が凄い‼】



今年もこの時期インフルエンザが流行していますが、

日光浴をすることでインフルエンザを含む風邪をひきにくくなることがデータで裏付けられています。


3500人の子供を対象に、秋と冬に12回紫外線を浴びさせる実験をしたデータでは、

紫外線を浴びなかった実験の前シーズンと比較して風邪の発症が66%も減少したと報告されています。


紫外線により皮膚の免疫細胞が刺激され活発化し、感染を防いだと考えられます。

日光を浴びると私達の体内で活性化する代表的なホルモンの一つにビタミンDがありますが、

骨の健康を維持するのにも必要なビタミンDは糖尿病やアルツハイマー病の予防にも

効果があると研究が進められています。


日光を浴びて体内で合成されるビタミンDは、私達の体の必要量の半分に達します。

メラトニンというあまり聞きなれないホルモンがありますが、これも日光に関係しています。

朝、太陽の光が目に入ると、体内時計を司る網膜と直結している脳の視交叉上核というところが

光に反応してメラトニンを製造します。

作られたメラトニンはその日の夜に分泌されて、快適な睡眠を作ります。



睡眠を十分とることは、インフルエンザの予防にも繋がります。

脳をはじめ体内のあちこちに存在するセロトニン神経は、日光の刺激でセロトニンを分泌しますが、

体温調整、摂食行動、情緒の安定などを支えます。


日光って凄いですね‼

1日15分程度の日光浴早歩きで風邪をひかない強い体を作りましょう


私事ですが、一年中日光浴を欠かさずしているのですが、

お陰さまでインフルエンザはもちろん風邪もほとんどひきません。

情緒もすこぶる安定しています(笑)


若女井

 

踏ん張れ小池百合子

2016121114116.jpg

 

 

【踏ん張れ小池百合子】



豊洲問題と東京オリンピックの会場やボランティアユニフォームデザイン問題と

舛添前知事が残していった重要案件でテレビに登場しない日がないくらい頑張っている小池百合子氏ですが、

やはり批判的な事をいう人がいます。



ボート会場は当初の海の森案を予算縮小してやることになりましたが、

宮城県の長沼ボート場を引っ掻き回したと、小池百合子氏を悪者にしている人がいますが、

これらは宮城県がうちなら費用も安くできる、復興オリンピックという面でもいいのではと

売り込んできたものです。


水泳会場、ボート会場は当初案を簡素化し建設費用を削減、バレーボール会場については

新たに有明に作る案と既存で東京から近くの横浜アリーナを利用という案を年末迄に決定するとしました。



これに対し組織委員長の森喜郎氏が横やりを出しています。

決定会議も透明性を求める小池氏に対し非公開を求める組織委員らに対し、

公開で押し通した小池百合子氏は立派でした。


今までの知事とは比べようもないくらいの問題が山積している中で実に見事に立ち回っています。

他の人で出来たと思いますか⁉


心ない人は政界でもあちこち歩き回った人だから信念がないとか、

パフォーマンスだけの目立ちがりやだとか揶揄する人がいるのには怒りを覚えます。

完璧な人間はおりませんが、彼女はこの状況の中、それに近い働きをしているのではないでしょうか



健康に留意されこの難関を乗りきって頂きたいと思いますし、彼女ならば出来ると信じています。


若女井

 

ページ上部へ