ホーム>ジュリアンブログ>2016年11月

2016年11月

どこが強行採決?

 

2016112712293.jpg


【どこが強行採決?】


25日衆院委で年金制度改革法案が可決されました。

ニュースで見たかと思いますが委員長席を民進党の議員が強行採決反対と印刷された紙を持って取り囲み

進行をストップさせようとしました。



怒号が飛び交う中、委員長は採決を進め、与党議員が起立して賛成多数で可決されたのですが、

議場にいながら予め印刷されたビラを持ちながら採決に参加をしないで『強行採決反対』はないですよね

私はこの法案の良し悪しを言っているのではありません。



民進党という党の党首と、このようなやり方も実におかしいと言いたいのです。

審議の段階ではヤジを飛ばしながら着席していたのに、いざ採決をとるときには印刷されたビラを

皆が持って席から離れ一部は委員長席を囲み、残りは委員会室の端で印刷された『強行採決反対』

を掲げて叫んでいるんです。あの行動はもう作戦通りってとこですね



自分達が採決の場から退場しておきながら強行採決と言える神経って凄いですね。

新党首が就任記者会見で反対のための反対はしないと言っていたのは何だったのでしょう⁉

結果が出る前に用意しているなんて…

だからパフォーマンス集団と揶揄されてしまうのにそれが理解できていないんですね

若女井

 

やはり危険性大とみる

20161119144458.jpg


【やはり危険性大とみる】


今さらですが、アメリカの大統領選挙でまさかのトランプ勝利というショックな出来事が起きてしまいました。

これには世界中で驚き、株価や為替にも影響を与えました。


あの暴言を吐く態度が当選後には人が変わったように振る舞っていますが、選挙用の戦術であって本当は紳士な

ビジネスマンと一部では持ち上げはじめています。

しかし、この人の本質は苦労知らずの白人至上主義で、暴言の数々は思っていることを宣伝効果も考えながら

言ったのだと思っています。

心のなかで思っているからそういう言葉も態度にも出るのであって、思って無い人には最初から

出来ないものです。


人柄は顔に出ます。 あの顔を見て自己犠牲をいとわず、他人に救いの手をさしのべる人に見えますか?

安部総理と会談した自宅の装飾を見て庶民の感覚が分かる人に思えますか?

彼を選んだことに後悔をする時が必ずすぐにくると思います。

そんな人ですがメリットはあります。


アメリカンドリームを夢見る移民が増え、増加の一途の犯罪は間違いなく激減するでしょう。

これは間違いなくやるでしょう。フィリピンの大統領みたく徹底してやることで支持される訳ですから

閣僚人事ですが強硬派の人物を選んでいるようですから、やはり危険な方向に向かいそうです。

世界にどのような影響を与えるのかは未知数ながら、いい方に変わる事を期待するしかありません。

アメリカ人がリスクを犯すお恐れがあるにもかかわらず、そう考えて選んだ結果なんですから


若女井

 

ページ上部へ