ホーム>ジュリアンブログ>仲裁判断は法的拘束と見なすべき 米
ジュリアンブログ

仲裁判断は法的拘束と見なすべき 米

2016713112118.jpg

 

【仲裁判断は法的拘束と見なすべき 米】



国際的な仲裁裁判所が、中国には南シナ海の海域内の資源に対して歴史的な権利を主張する法的な根拠はない 

との判断を下したことについて米政府は、仲裁判断は最終的かつ紛争当事国を法的に拘束するものと

見なすべきであり、緊張を高める理由にしてはならないとしました。


ごもっともな見解です。


驚いたことに朝日新聞が『南シナ海判決、中国は法秩序を守れ』と書いています。

国際法による秩序の発展に責任をもつ国になるのか、それとも秩序に挑戦する国か

習近平政権は、その帰路にあることを自覚すべきである。


こんな厳しい論調で中国を諭したことは私の知る限りありませんでした。

そりゃあそうですよね


右も左も関係ない、自分に都合のいい理屈を並べてフィリピンが実効支配していた所に

中国が公船を繰り出し強引に奪い取ったことがこの常設仲裁裁判所に訴えを起こしたことがはじまりです。


中国は不当な判決だと聞く耳を持ちませんし、

当事者同士の話し合いで解決するものだとの姿勢を崩しませんが、

強引に奪い取っておきながら当事者同士の話し合い?


そんな自分勝手をごり押ししたら世界で孤立してしまいますよ

さあて中国はどう動くでしょうかね 見物です


若女井

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4099

ページ上部へ