ホーム>ジュリアンブログ>2016年6月

2016年6月

中国 国連海洋法条約脱退?

201662211592.jpg

 

 

【中国 国連海洋法条約脱退?】



中国による南シナ海での領有権主張は国際法に違反するかが焦点の国連海洋法条約に基づく仲裁手続きで、

海域の境界線に関する中国の主張を否定する判断が出された場合、

中国政府が対抗措置として条約脱退を検討していると一部周辺国に伝達したことが分かりました。


本当に身勝手極まりない国ですね❗


つまり国際法に違反しているかの裁判を受けてたっているにも関わらず、

自国の主張が通らなかったら従わないどころか脱退すると言っているのです。

主張が通れば、国連海洋法が判決を下したんだから中国に対してうだうだ言うなと言うでしょうし、

その後はもうワガママし放題するでしょう。


中国は自国が常任理事国という誇りはないのですね

世界はこういう勝手放題の自己中の国を許してはいけません。

もし脱退するなら常任理事国も同時に辞退をするべきだと強く糾弾しなければいけません。


国連の常任理事国がこんな勝手放題するなら、国連なんて存在価値がありませんし、

日本も資金提供を止めましょうよ



それといつまで戦勝国だけが常任理事国になれるいう規定は見直さないといけませんよね

でないと本当に目茶苦茶な世界になっていってしまいます。


若女井

 

選対責任者を解任 共和党トランプ

2016621125957.jpg

 

 

【選対責任者を解任 共和党トランプ】



一時期の人気が段々と下がりはじめている共和党候補のトランプですが、

今日のニュースでは選対責任者のコーリー・ルワンドウスキ氏を解任したようです。


私も8年あまり代議士秘書を経験してきましたので多少、選挙や政治家の陣営の内部事情が分かります。


ルワンドウスキ氏はトランプの共和党候補指名を獲得した立役者であることに異議を唱える人はいないはずの

最も大切なパートナーでありましたが、ルワンドウスキ氏の経験不足を補うため、

トランプ陣営は4月に選挙戦略の立案経験豊富なポール・マナフォート氏を起用しました。


マナフォート氏はより広範な有権者への浸透を図るため、過激発言を控えさせ、

スタッフを増員するよう提言していたのですが、ルワンドウスキ氏はこれに反対。


型破りなトランプの選挙戦スタイルを変える必要はないと主張し、他のスタッフと対立していました。



こういう内部の対立が表面化した陣営が勝利した例はほとんどありません。


日本とアメリカの選挙戦略は全く別物。


アメリカは候補者のイメージチェンジを選挙戦中においても図ることは普通のことですが、

日本では以前と言ってることが変わってくると、

人間性に疑いありとなってマイナスととらえる傾向にあります。


トランプのようなタイプの候補者は今までいなかっただけに新鮮であったし、

皆の不満を本当に解決してくれるかも知れないと期待票が集まりましたが、

段々と危険性や中身の薄い人間性が見えてきたところに、

この交替劇は坂道を転げ始める速度を早めるターニングポイントだと思いますが皆さんはどう感じますか?


若女井

 

2016620134621.jpg

 

 

【iPhone中国で販売停止命令】



理由を聞いて驚いたというか呆れて開いた口が塞がりません

中国メーカーの製品に外観が似ており意匠権の侵害と判断だって❗

アップルのスマホ iPhoneといえば現在世界中に出回っているスマホの先駆けでしょう。

どこが類似しているのか見比べてみても、ほとんど似ていません。


スマホは追随する他のメーカーが真似し、アップル側から特許侵害で訴えられ

今に至っているのが正しいと思いますが、さすがは中国、

真似した側が訴えてそれが通ってしまう国なんですから


中国はこのように商標登録の先取りを得意としていますが、日本の人気商品など

名前をを勝手に中国で商標登録してしまうため、それらの商品の中国国内での販売が出来ないという

大問題が発生しているのです。


一例をあげると「今治タオル」「東京スカイツリー」「クレヨンしんちゃん」「森伊蔵」「高島屋」

「さぬきうどん」「有田焼」「無印良品」などが中国で勝手に商標登録されてしまったので、

中国でこれらを販売または展開しようとすると商標登録した企業から権利を買い取るか、

裁判を起こし争って勝たないといけません。


まるでヤクザかハイエナのようですね


どう考えても日本のものと分かっていながら受理し、登録までしてしまうって常識ではありえないですよね


『中国人の常識は世界の非常識』と言われて久しいですが

いつになったら信頼できる関係になれるでしょうかね?


若女井

 

日テレ「スッキリ」のコメンテーター宇野は見たくないね

2016616132519.jpg

 

 

【日テレ「スッキリ」のコメンテーター宇野は見たくないね】



朝は日テレを見ながら出かける支度をするのですが、

木曜日の「スッキリ」に出てくる宇野常寛というコメンテーターが舛添東京都知事が辞任したことを、

「この程度のことで知事を辞任までさせたのは馬鹿げている。本人が返金する。

給与も要らないと言っているのだし、選挙に62億もかかることを考えたら損だ❗」と言いました。


まあこんな風にとる人もいるんだなと思いましたが、選挙は早かれ遅かれ4年に1度必ずあるわけです。

任期を1年半残しての辞任ではあるけれど、信頼を失うことをして都政が停滞をしてしまった原因が

自分にあることも理解できていない知事が任期一杯やる方が良いってこと?


バカかこいつは

以前にも「介護職は賃金が低いから人材も低いレベルしか集まらない」と言ったことがあります。


色んな意見を持った人がコメンテーターとして出演することに異を唱える訳ではありませんが、

日テレは過去に勝谷誠彦という毒舌家が出ていました。


職業柄、毒舌を吐くことが存在価値だったりもしますが、

見るものを気分悪くするような人は辞めさせて欲しいですね。


テレビ局は新聞社というバックボーンがあります。

ほぼ中立に近い(やや右の)読売新聞なんだから、あんまり極左的なのは見たくないね


若女井

 

今日は嬉しい不信任案可決

201661510579.jpg

 

 

【今日は嬉しい不信任案可決】




言わずもがな舛添東京都知事のことですが、1人の人をこんなに取り上げたことは初めてですが、

余りにも自分勝手でまだこの期に及んでも泣きを入れてリオオリンピックが終わるまで

知事をやらせてくれと言っていることに日本中が憤りを感じています。


色んな政治家を見てきましたが、舛添のようなレベルの人間は初めてで驚いています。

何がいけないかって、政治資金規制法の仕組みを分かっていて悪用していること。


また明らかな嘘をついていますが、知事を失職した後にはこれらの虚偽も明らかになるでしょう。

つまり検察が捜査に着手しないわけにはいかないと思います。

「不適切だが違法とも言えない」で逃げ切れると思っていることに我々は納得がいかないのです。


あの号泣県議 野々村より遥かに悪質ですからね 

もう少し時間を下さいと訴えたようですが、もう都民も国民も待てません。

それだけ信頼を失うことをしてきて、

選挙になるとオリンピックと重なるし世界の恥になると訳の分からない理由を言っています。


お前がリオに行く方が日本の恥だよ❗


オリンピックと選挙が重なっても何ら困ることはないし、それよりこの失われた信頼、時間、税金を

早く新しい都知事に埋めもどしてもらいたいとほとんどの人達が望んでいます。



今朝の記事では辞意を固めたとありましたが、全てに決断が遅すぎましたね。

もう今後は表舞台には立てないでしょうが、皆の記憶には史上最低最悪な都知事だったと残ることでしょう


若女井

 

名誉殺人て何なんだ パキスタン

2016613103827.jpg

 

 

【名誉殺人て何なんだ パキスタン】



重いテーマですが、たびたび起きている悲惨な現状に目を背けるわけにはいきません。



「名誉殺人」とは女性の婚前・婚外交渉による処女の喪失(強姦の被害による処女の喪失も含む)、

家族全員の名誉を汚すものと見なす行為を行った女性の父親や男兄弟が家族の名誉を守るために

女性を殺害する風習のこと。


このおかしな風習を今も行っているのがパキスタン、インド、バングラデシュ、トルコ、ヨルダン、

ウガンダ、モロッコ、アフガン、イエメン、レバノン、エジプト、イスラエル、ブラジル、

イタリア、スウェーデン、イギリス等があげられます。


主にイスラム圏が多いのですがヒンドゥー教やキリスト教の国でも

この野蛮で女性蔑視で時代錯誤な風習による殺人が行われています。


これらの国家、地域ではいかなる理由があろうとも婚前・婚外交渉は許されないことだと考えられており、

自分の娘を殺してもその地域においては家族の名誉を守った英雄として扱われるようです。


この名誉殺人は殺人罪で裁かれるのですが、家の名誉を汚したと認定された場合、

情状酌量が認められ減刑になるケースがあるようです。


結婚は愛し合う男女が結ばれて家庭を築いていくことが理想ですが、

これらの国でも親の薦める相手を断って交際している男性と結婚するカップルも出てきていますが、

圧力を受け自殺に追い込まれたり、殺害されたりしているのが現状です。

 
いつの日にか自由な時代がくることを願ってやみませんが、

パソコン、テレビ等が普及していない山村の部落などではまだまだこの野蛮なしきたりは変わらないようです。


大切な家族の一員であろう娘の幸せを願うのが家族の愛だと思うのですが


若女井

 

海老蔵の記者会見で見せた男気

2016610125511.jpg

 

 

【海老蔵の記者会見で見せた男気】



僕が語るまでもないのだけど、1年8ヶ月もの間最愛の妻の病気をひた隠し、

平静を貫いてきた市川海老蔵の男としての懐の深さ、また妻や家族への思いやり、

労りの気持ちに心打たれました。


彼は父『12代目市川團十郎』が亡くなられた時にも取り乱すことなく見事な対応をしました。


人の本質はそういう窮地に立たされた時に表れるものですが、海老蔵はまだ小さな子供を育てながら、

梨園の妻を立派に努めている妻の深刻な病状にも心の動揺も微塵も見せない対応には、

この人のスケールの大きさを感ぜずにはおけません。


彼は毎日子供の写真や生活の様子を10回~20回も自身のブログにアップしていますが、

歌舞伎界を代表する人間が私生活をさらけ出して大丈夫なのかと心配をされていましたが、

ずっと病気と闘っている最愛の妻に子供たちの元気な姿を伝え続けていたのでした。



彼の立派な記者会見を見て比べてはいけないのですが、

どうしても対極の存在である舛添要一都知事を思い浮かべてしまいますね。


一方は歌舞伎界のナンバーワン

もう一方は東京都の知事。


なんでこんなにも違うのでしょうね


若女井

 

マニフェストの名称使わない 民進党

20166914112.jpg

 

 

【マニフェストの名称使わない 民進党】



「マニフェスト」って言葉は「選挙公約」よりも日本では定着してきた感がありますが、

あまりにも公約を守れなかったイメージがいまだに強く残っているためか

民進党は今夏の参院選挙では使用しないことに決めたようです。


代わりに出してきたのが「重点政策・国民との約束」という名称でした。

民進党が止めたのはこれだけではありません。

選挙公約をネット公募しようとしたのですが、政策も自分たちで建てられないのか?との批判が殺到し

この案を引っ込めたのです。


民進党の名称はご存知のとおりネット公募で決めたのですが、

何でもかんでもネットを使うことが若者の支持を得ると思ってるところが甘いですよね

ほとんど素人体質は変わっていません

名称変更など目先の変化でかわそうとするところは、

政権を担った3年間の時代と全く同じで成長していませんね


ちょっと国会議員も地方議員もしっかりしてもらわないと困るよね本当に

誰かにやってもらわなくてはいけないんだから


若女井

 

露 反ドーピングを学校必須に

201668102829.jpg

 

 

【露 反ドーピングを学校必須に】




露スポーツ省は6日、スポーツ界の不正を撲滅する活動の一環として、

学校の必須科目に反ドーピングの授業を加える取りくみに着手したと発表しましたが、

『おいちょっと待てよ』です


それってドロボーの親分が、学校の生徒にドロボーしてはいけないと

教えていくようなもんじゃないですか?


今までさんざんやってきたドーピングは個人が勝手にやった訳じゃないでしょ?

100%国家の方針でやってきておきながら、

リオオリンピックに陸上選手が出られない可能性が高いと言われているこのタイミングで

この発表は国際オリンピック委員会に対しポーズをとっているに過ぎません。


北京オリンピックでも、ロンドンオリンピックでも圧倒的にロシアがドーピングをしてきています。

過去のオリンピックのメダルもほとんどが薬物の力を借りてのものだったのでしょう


狡い国家はやはり考えることが狡いですね



若女井

 

イギリス EU離脱派が勝つのかな

20166713596.png

 

 

【イギリス EU離脱派が勝つのかな】




今月末にEU残留か離脱かを決める国民投票を控える英国では、世論調査でもほぼ拮抗しています。


残留派のキャメロン首相が、「離脱は狂気の沙汰だ」「戦争が起こる」と警告を発していますが、

最新の情報でやや離脱派の方が優勢という報道もあります。


EUとは欧州連合の略ですが、現在28ヵ国が加盟、政治・経済上のパートナーシップを組んでいます。

EUは19ヵ国が単一通貨ユ-ロを導入し、国境検査を受けずに行き来出来る協定に26ヵ国が加入。


英国は現在のEUの前身ECに1973年に加盟、1975年に加盟維持か離脱かの国民投票を行い

加盟維持になった経緯がありますが、EUに加盟国が増えるとこれらの国から移り住んでくるEU移民が増え、

仕事を奪われる、医療機関の予約がとりにくくなる、自治体のサービスを受けにくくなるなどの

不満も充満してきました。


EUの平和、経済や人の自由化を実現するという崇高な理想の裏で

英国国民はストレスがたまってきてしまったのでしょうね


スコットランド独立の住民投票が2014年にあったのは記憶に新しいところですが、

今回も国中のパブで離脱か残留かで大騒ぎしていることでしょう



若女井

 

ページ上部へ