ホーム>ジュリアンブログ>HKT新曲が女性蔑視?
ジュリアンブログ

HKT新曲が女性蔑視?

2016518104949.jpeg

 

 

【HKT新曲が女性蔑視?】




作詞家秋元康氏が作曲・プロデュースするHKT48の新曲『アインシュタインよりディアナ・アグロン』の歌詞が

女性蔑視だと恵泉女学園大の学長が批判しています。



『女の子は 可愛くなきゃね 学生時代はおバカでいい』



まあそんな批判するほどの歌詞とも思わないけど、学長は『学生は将来輝くために勉強している。 

可愛いことと勉強ができることを二律背反に捉えた詞に違和感がある』

女子大の学長の立場だと一言言いたかったのかも知れません。


また学生たちの反論と替え歌を学長ブログに掲載。


しかしかえって話題作りに貢献しているという皮肉な結果のようです。

HKTの運営管理会社は「特にコメントすることはない」

また秋元康氏の事務所はこの件に回答もなかったようです。


内心、話題にしてくれてありがとうでしょうね


若女井

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4062

ページ上部へ