ホーム>ジュリアンブログ>2016年5月

2016年5月

公園に保育所、住民が反対 杉並区

20165311377.jpg

 

 

【公園に保育所、住民が反対 杉並区】



待機児童が増えて保育所が足りない問題を抱えている市町村は多いと思いますが、

杉並区の出した緊急対策計画案に近隣住民の大半が反対をしています。


杉並区の待機児童は現在約180名だそうです。


条件がそろった空き地に保育所を建てようとすると子どもの声が騒音だと反対をして

計画を断念せざるを得ないというニュースが千葉県市原市で4月にあったばかりでしたが、

少子化を懸念して対策を急げと言う声を上げる一方で、自分の近くにできるとなると反対をする。


これをエゴと言います。


話を戻しますが、計画の候補地の公園がどの程度の広さか分かりませんが、

反対者の中に子どもの遊ぶ場所がなくなるとからというものがありましたが、果たしてそうでしょうか?

公園は公共のものであり、所有者の区がこの中に保育所を建てられたら、

待機児童問題は一気に解決の方向にと向かいます。


母親も仕事に就くこともでき、安心して子供を産み育てられたら少子化に歯止めをかける切っ掛けになります。

また杉並区が成功したら、その動きは一気に全国へと広がるでしょう。


杉並区の皆さん、ここは小意を捨て大意を得ましょうよ


若女井

 

やはり消費増税は延期でしたね

201653010320.png

 

【やはり消費増税は延期でしたね】



2年半の延期となりました。

まあそうなるだろうとは囁かれていましたが、

税率を上げてもそのまま税収が上がることはあり得ませんからこの延期はやむを得ないでしょう


あまり左右されたくは無いけれど、世界の経済は中国の影響を受けてしまいます。

バブルに浮かれてドン底を味わった日本の例を見てきたにもかかわらず

中国は同じ道をたどってしまいました。


海外で爆買いしていた国民に国内で買い物をさせようと関税を設けたりして、

国内消費に誘導しようとしましたが、そうした不満が政府に降りかかることを恐れ、

税関も甘いチェックで通しているようですが、海外に自由に旅行でき、

他国の商品を知ってしまった今はもう中国製品を買おうとする人はいません。


反日でありながりも、日本の高品質な商品を欲しい人があとをたたない現状では

国内の需要を上げたくても難しいでしょうね



アベノミクスを失敗だと責める人がいますが、

経済は世界の様々な動きの中で株価と同様に日々上げ下げしています。

特に日本は東日本大震災と原発事故が起こり、

またここにきて熊本地震がありまるで出る杭を打たれているようです。


それでも私達日本人はあの敗戦から立ち直った実績があります。

試練は私達日本人に宿題を与えてくれているのです。


若女井

 

人道サミット G7欠席相次ぐ

2016527121240.jpg

 

 

【人道サミット G7欠席相次ぐ】



潘基文国連事務総長が呼び掛けた人道サミットがドイツのメルケル首相以外欠席しました。


国連初の「人道サミット」でしたが、日本で26日から「伊勢志摩サミット」開催が決まっていた中で

23~24日の2日間トルコのイスタンブールで開催したのですが、

国連の大口資金提供元である主要7ヵ国のうちドイツ以外はどこも欠席でした。


ちょっと日程的にそこに設定したのは無理がありましたね


今年一杯で事務総長を退任する潘氏はこのサミットを成功させ、

次期韓国大統領選にと弾みをつける計画でしたがまたしても失敗をしてしまいました。


英紙エコノミストが「歴代最悪の総長の1人」と酷評。


国連内部での行政能力や、国連外部での統治能力など全てにおいて失敗した総長と評価されているとし、

アナン前事務総長や他の元総長に比べ、強大国に対抗するのを嫌がった。

また口下手で手続きにこだわり、懸案への迅速な対応能力や業務への思い入れも足りない。

その他きりが無いくらいに酷評されてしまっています。


この報道に、韓国国民も「正確な分析」「同じ韓国人として恥ずかしい」

「潘総長を高く評価していたのは韓国人だけ」などと厳しいコメントが多かったようです。


それでも前国連事務総長の肩書きを引っ提げて韓国次期大統領になるのでしょうね

若女井

 

HKT新曲が女性蔑視?

2016518104949.jpeg

 

 

【HKT新曲が女性蔑視?】




作詞家秋元康氏が作曲・プロデュースするHKT48の新曲『アインシュタインよりディアナ・アグロン』の歌詞が

女性蔑視だと恵泉女学園大の学長が批判しています。



『女の子は 可愛くなきゃね 学生時代はおバカでいい』



まあそんな批判するほどの歌詞とも思わないけど、学長は『学生は将来輝くために勉強している。 

可愛いことと勉強ができることを二律背反に捉えた詞に違和感がある』

女子大の学長の立場だと一言言いたかったのかも知れません。


また学生たちの反論と替え歌を学長ブログに掲載。


しかしかえって話題作りに貢献しているという皮肉な結果のようです。

HKTの運営管理会社は「特にコメントすることはない」

また秋元康氏の事務所はこの件に回答もなかったようです。


内心、話題にしてくれてありがとうでしょうね


若女井

 

トラブル続きの東京オリンピック

2016517103715.jpg

 

 

【トラブル続きの東京オリンピック】




毎日次から次えと色んなことが起きますが、フランス司法当局が捜査を進めているという

東京オリンピック招致に絡んだと思われる2億2000万円のお金が、

元国際陸連会長の息子のシンガポールの口座に振り込まれていると言うとんでもないニュースが出てきました。


振り込み人の名義が2020年東京五輪招致委員会となっているとのことですが、

もし仮に裏金が動いたとしてら「東京五輪招致委員会」と書くでしょうか?


このニュースはイギリスから出てきましたが、

この元国際陸連会長は東京オリンピック開催決定時は現職であり、かつ決定にも力を持っていた人物でした。


この元国際陸連会長はロシア選手のドーピングを揉み消す見返りに100万ユーロの賄賂を受け取った疑惑で

フランス当局の捜査を受けています。


また息子は数々の不正の中心的人物として国際陸連から永久追放処分を受けています。


オリンピック招致には昔から裏金が必要だという噂は堪えません。


しかもこのような人物の口座に招致委員会名で送金したとなると裏金だったと思わずにはいられませんが、

JOC竹田会長がこのお金は招致活動におけるコンサルティング料として正式な対価であり、

何らやましいことはない。

また、この振り込みはIOCへ報告済みであると会見で語りました。


送金名義が偽名だったら裏金に間違いないところですが、東京五輪招致委員会と記入されていたとなると

コンサルティング料として支払ったという説明は納得のいくものです。


竹田会長の説明はこの大きな疑惑を払拭してくれました。


若女井

 

舛添さん 終わりましたね

2016516103825.jpg

 

 

【舛添さん 終わりましたね】




13日に収支報告書をしっかりと精査した舛添都知事が、

釈明会見をしたのは皆様も見られたことと思います。


そしてまあ100%の人がその見苦しいウソの釈明にこの男の本質を見たと思います。



この写真のポーズ誰かとそっくりだと思いませんか?

そうです。あの号泣県議として一瞬にして世界に知れ渡った野々村竜太郎です。


彼のあの号泣会見の時に記者の質問に対しあの手を耳に当ててどんな質問でも全て答えますよのポーズは

詐欺師の取るポーズなんです。


ウソをつくときに人間の心理がそうさせるのですが、緊張を誤魔化すためににこやかな表情を作ったり、

あのように手を耳に当てて質問をきちんと聞くポーズもそう、

また会場を見渡して質問していない記者を探すサービス旺盛な態度もそう。

いつもあんなに話もしない男が能弁になっていましたね

どれもウソをつくときに平静を装ってしまうためにああなってしまうのです。


だいたい家族での支出なら領収書なんて必要ないでしょうし、

家計簿に必要なら奥さんが管理すればいいのです。


最初から政治資金で処理しようと考えているから

白紙の領収書を何枚ももらったりしてそれを秘書に《適切》に処理させ、

何かあれば秘書や会計責任者に責任をなすりつけるわけです。


最低の男でしたね


若女井

 

英女王 中国一行とても非礼

201651211311.jpg

 

 

【英女王 中国一行とても非礼】



昨年国賓待遇で訪れた中国の習近平国家首席の一行をめぐり、『中国の代表団は非礼極まりない』  

10日 英国のエリザベス女王がこんな発言をした様子が偶然カメラに捉えられました。


女王はバッキンガム宮殿で催された園遊会で、昨年10月に習近平夫妻が公式訪問した際に警備を監督した

警察幹部のルーシー・ドルシ氏に『お気の毒だったわね』と語ると、

ドルシ氏は『ご存知かどうか分かりませんが、あの時はかなりの試練でした』と述べると、

女王は中国の代表団が『大使に対してとても非礼だった』と発言。


ドルシ氏も『とても非礼で配慮に全く欠けていたと思います』と同意しました。



中国の政府や国営メディアは英国との関係を黄金期などと世界に大アピールし鼻高々でしたが、

この女王の一言で世界の笑い者になりました。


伝統と格式を重んじる英国のエリザベス女王にマナーの悪さをハッキリと言われてしまった中国は

トップがこの有り様ですが、国民はすでに世界各地で悪名をとどろかせております。


国を挙げて世界に認められるマナー、心遣い、配慮、思慮分別を学び身に付けていかなければ

嫌われもの国家で終わってしまいます。


腐敗撲滅の姿勢を見せてきた習近平国家主席ですが、

公開されたパナマ文書の中に身内の名前が出てしまいました。

これはなんと言い訳しようが税金逃れをしていたわけです。


ロシアのプーチン、ソフトバンクの孫正義、楽天の三木谷浩史、東京都知事の舛添要一、

民進党の山尾志桜里 ・・・  どいつもこいつも言い訳ばかり


見苦しいね



若女井

 

舛添都知事に重大疑惑浮上

201651113382.jpg

 

 

【舛添都知事に重大疑惑浮上】



湯河原の別荘への公用車使用問題やアメリカへの出張経費が高過ぎるとの批判を浴びている舛添都知事ですが、

出張経費3500万円の内訳をチェックすると、宿泊はスイートルーム、

航空機はファーストクラスでの豪華旅行でした。


何様かと批判を受けていますが、今後別荘への行き来に公用車を使わない。

また経費についても3割カット出来たと認める発言をしだしました。


この人は『全て法的に適切に処理しています』と答えてあとは逃げるのがお決まりですが、

あの週刊センテンススプリングの特別取材班が彼の2012年~2014年の政治資金収支報告書を精査した結果、

規正法違反の疑いが浮上したと発表しました。


何が問題かと言うと、2013年1月3日千葉県木更津のホテル「竜宮城スパホテル三日月」に

会議費用として237,755円を計上、翌年1月2日にもやはり同ホテルで会議費用として133,345円を計上、

合わせて371,000円と報告していました。


正月の温泉リゾートでどんな会議が開かれたのかと取材班が聞き込みをすると同ホテルの関係者から

『2回とも会議はしていません。舛添さんは家族連れでグレードの高い部屋に泊まられました』

と証言したそうです。


もしこの証言が事実ならば、舛添都知事は自身の家族旅行の代金を血税で支払い、

かつ会議費用と虚偽の記載をしたことになります。


これはまずいですよね


どうでもいいタレントの不倫は興味もないけれど、

舛添都知事の規正法違反はこの人の姿勢を正す意味でも重大な問題ですからね

て言うかこれは原爆級の時限爆弾になりました。


さあどう身を処しますかね⁉


若女井

 

羽毛布団も産地偽装

201659104242.JPG

 

 

【羽毛布団も産地偽装】



やっぱりこの業界もか


食品偽装の社会問題化を受けて、2014年と2015年に日本羽毛製品協同組合が

100社を越える加盟社に宛てた2通の内部文書(警告文)を朝日新聞が入手、公表しました。


1通は『適切な産地表示の徹底について』、もう1通は『羽毛の原産地の偽装表示について』


つまり業界団体はかなり前から偽装を把握していて、

このままだといつかはバレて大変な事になると警告をしていたのですが、正しい表示をしたら売れなくなる。

割りを食うのはごめんだとどの業者も従わなかったわけです。

この偽装表示は恐らく全メーカーが暗黙の了解だったとみていいでしょう。


フランスの高級羽毛布団ブランドの社長も10年以上前から把握していたと答えています。

中国の工場で安い中国産等の羽毛を混ぜてフランス産とかベルギー産と称して製品にし

各国で販売していたものです。


自分のとこだけまともにやっていては値段が高くて勝負できない。

良くないことだけど業者は皆知っていて、やっていること。

まあこんな感覚だったと思いますが、誤魔化しはいけません。


安く販売できるのは必ず訳があるのだと、嘘偽りなく表示しなければなりません。


この件は警察も羽毛を検査してどこどこ産だと分かるものではないだけに業者のモラルの問題になりますが、

何らかの罰則を設けないと直らないでしょう。


買う側が全く判断しようがない製品はある意味恐いですね


若女井


 

ツーリング行ってきました

20165210406.jpg

 

 

【ツーリング行ってきました】




仲間10人とバイク10台で今回はサミットが開かれる伊勢志摩に1泊、長野県小諸に1泊してきました。

距離にして1500キロオーバーのハードスケジュールです。


初日の伊勢志摩は今月後半に世界の要人を迎えるとあって、道路も街路樹も植え込みもきれいに整備され、

警備は全国の県警から応援部隊が集結して警備にあたっているので、それはすごいものです。


今世界で一番安全できれいな所は間違いなく伊勢志摩ですから行くなら今がベストです❗


2日目は伊勢神宮の外宮、内宮とお参りし、ここで小諸行き組と帰京組に分かれ、小諸組6人で一路長野へ


この日は前日の強風から一転、素晴らしい好天でしたが

標高の高い長野県に近づくにつれどんどん寒くなってきました。


このゴールデンウィークで道路も渋滞し予定より大幅に時間もかかり、

気温も下がり温かい服装にしていたにもかかわらず身体も凍えて正常な運転が出来ない状態になりかけたころ

やっとホテルにたどり着く事ができました。


3日目の昨日は前日の寒さから一転、汗が出るくらいの暖かい日で、

上田城を見てから帰ろうと向かったのですが、ドラマ『真田丸』の影響で人出がすごく

駐車場に入るのがやっとで、そこで集合写真を撮って帰路へ



ほぼ予定通り夜7時過ぎに無事帰宅、夕飯を食べたあと歯も磨かず、

風呂に入ることすら出来ずに寝てしまいました。

今朝6時に目が覚めた時、時計の針をみて昼の11時30分まで寝てしまったのかと思いましたが

寝ぼけによる見間違いでした(-_-;)


疲れましたがまたいい思い出ができたハーレーツーリングでした。


若女井

 

ページ上部へ