ホーム>ジュリアンブログ>2016年2月

2016年2月

消費増税は先送り公算大

201622912502.jpg

 

 

【消費増税は先送り公算大】




本来は今年から10%に上がるところを1年延期して来年4月からにして準備期間としていたところ、

世界的な景気減速、株安に苦しんでいます。


こんな状態で、来年4月から増税に踏み切ってしまったら、

倒産企業で溢れかえって税収アップどころではありません。



菅官房長官が増税によって税収減になるようであれば増税は無意味であるし、やるべきではないと述べました。


注目しておくことは安部首相は現段階では予定通り10%に引き上げる考えだと《建前》を語っていますが、

菅官房長官には、場合によってはやらないよと言わせているところです。


首相自らが「場合によってはやらないよ」と言ってしまうと、やらないと言う期待が強くなってしまい

混乱を招いてしまうのですが、国民からも信頼度が高い菅官房長官が現実的に経済情勢を見ながら

ベストな選択をしますよと語っているので国民も安心出来るのです。


どっちに転んでも良いように納得させる高等戦術を繰り出すあたりは

総理と官房長官の関係もベストな状態といえるでしょうね


今年の後半の景気によりますが、過去橋本首相の時に税率を上げて税収が落ちた例がありますので

慎重な判断をされると思います。



もう1人注目すべき人物がいます。

安部首相のブレーンの1人、内閣官房参与の元財務官僚の本田悦郎氏も増税はすべきではない。

増税によって景気後退が起きてはデフレ脱却を掲げるアベノミクスそのものが失敗し、

国内外の信頼も失うと言っています。


1年延期したのもこの人の助言によるものです。


したがって僕は多分出来ないと思います。

何を言っても影響がないと楽なもんですね(笑)


若女井

 

普天間基地の移転急げ

2016226103511.jpg

 

 

【普天間基地の移転急げ】




この普天間米軍基地の写真を見て、『世界一危険な飛行場』と呼ばれる所以がよく分かると同時に、

辺野古移設は急ぐべきだと強く思います。


翁長知事は何故この現状を1日でも早く解決しようとしないのでしょうか?


彼の経歴を調べてみましたらかつて自民党県連幹事長を務め、

17年前の県議時代に辺野古移設推進決議案を可決させた旗振り役をしていました。


2000年12月から2014年10月まで那覇市長をしていましたが、

その間那覇軍港の浦添移転を推進し那覇軍港の返還をさせ、

浦添沖を埋め立てて新しい軍港を作り移転させました。

更に那覇市長時代にも普天間飛行場の辺野古移設に賛成していました。


翁長氏はその頃の市長村長会で「我々が反対しても国の方針は変えられない」

「基地に反対することでより多くの振興策(予算)が取れる」と発言しています。


いったいこの人は何を考えているのでしょう


してきたことが一貫しているなら筋が通っていると認めますが、

どう見ても知事になってから危険性除去のための早期移転を阻止しているとしか見えません。


あの手この手と工事を妨害をし、メディアへの発信も活発ですが、

南沙諸島の岩礁を自国領と主張の上に埋め立てて軍事施設を造り上げてしまった中国に対して

一言も反対も抗議もしていません。


また尖閣諸島周辺への中国軍艦の領海侵犯や中国漁船の密漁に対しても抗議の言葉すら発しません。

尖閣諸島は我が国固有の領土だとも発言しません。


何故なんでしょうね⁉


若女井

 

朝鮮虎の標本を寄贈要請 韓国団体

2016225104932.jpg

 

 

【朝鮮虎の標本を寄贈要請 韓国団体】




同志社大学に保管されている絶滅危惧種の朝鮮虎の剥製標本を韓国の市民団体「文化財元の場所探し」が

日韓両国の友好のために寄贈してほしいと同志社大学を訪ね要請しました。


この市民団体の名前何とも怪しすぎると思いません?

「文化財元の場所探し」

要は日本に略奪された我が国の文化財を取り返す会ということでしょ⁉


それと両国の友好のために寄贈してくれと頼んでくる神経は理解できません。


『友好の為に』と言う言葉は寄贈側が

『日韓両国の友好の為に貴国に寄贈することにしましょう』と使う言葉です。



ネットのコメントには誰一人として寄贈に賛成する人はいませんでした。

しかもコメント数が4250を越えています。


同志社大学側がどう対応するか分かりませんが、今後検討するとしています。


もし寄贈したら朝鮮民族の象徴たる朝鮮虎は日本の植民地時代に虎刈りで絶滅させられたもので、

略奪物を取り返してきたと言うことが目に見えています。


韓国政府からの要請ならともかはく、この市民団体にはきちんとお断りする方が賢明でしょう


若女井


 

衆院定数10減を考える

2016223112247.jpg

 

 

【衆院定数10減を考える】



政治ネタでつまらないかも知れませんが大事な事なので取り上げてみました。


議員の定数削減、一票の格差是正はもう何十年前から言われ続けてきたでしょう⁉



ついこの前も安部首相は2020年迄に0増10減を実現させると4年も先まで取り掛からない話をしていましたが、

このところの閣僚の金銭疑惑から始まった自民党議員の暴言、勉強不足などなど夏の参議院選挙を控えた中で、

定数削減に本気度が感じられないという批判を受け方針を前倒しに転換。


今国会中に実現させると総理が決断したのですが、その方法でまた揉めています。



衆院議長の諮問機関「衆院選挙制度に関する調査会」は議席配分について「アダムス方式」という

最も公平な計算方式を採用するように求め、野党と与党の公明党も同調していますが、

自民党はその方式だと結局は大都市に、議員が増えて地方創生を政策の柱とする

党の方針にそぐわないと反対しています。


つまり、都市部は生活がしやすいから人が集まっているのであって、議員が更に必要なのではなく、

むしろ暮らしを良くするために地方には細やかな政策を履行するためにより

議員が必要なのではないかなと僕は思います。


意地悪な見方をする人は自民党は、地方が強いから地方を減らしたくないからだとか言う人がいますが、

1票の格差を是正すことは大事ですがそれが本当に日本のためになるのかと言えば違うように思いますが、

貴女はどう考えますか?


若女井

 

脳の萎縮予防は中年期の運動だ

2016222111820.jpg

 

 

【脳の萎縮予防は中年期の運動だ】



米ボストン大学等の研究チームが、中年期の運動能力の低さと、

年を取ってからの脳の萎縮には関係があるという調査結果を発表しました。


脳は年を取ると萎縮して認知機能を低下させ、認知症につながります。

しかし運動によって脳の萎縮や認知機能の低下を食い止められる可能性がある事が分かりました。


研究チームは平均年齢40才の認知症や心疾患のない1500人にランニングマシンでテストを実施し、

20年後に再度テストを行い脳の状態をMRIで調査

結果、20年後ランニングマシンの運動成績が良くなかった人は脳が萎縮していることが分かりました。


ここまではニュースの記事をまる写しですが

書いてる私自身が理解しづらいので、かい摘まんで説明します。


中年期に運動をよくする人は運動によって血流がよくなり、脳へ新鮮な酸素を送る事が出来ます。

新鮮な酸素をとり込んでおくと、

脳の萎縮が高齢期になったときに差が出て認知症の低下を防げるということのようです。


皆さん認知症にならないよう運動を嫌がらずに少しでもやりましょうね(^^♪


若女井


 

今度は自民丸山議員の暴言

2016218103639.jpg

 

 

【今度は自民丸山議員の暴言】



昨日のブログにも書いたばかりですが、現閣僚を含む国会議員達の軽率な発言に国民が呆れています。

それもよりによって与党自民党に多いのにはどうにも嘆かわしい。



あの『行列の出来る法律相談所』の人気弁護士から参議院議員に転身した丸山和也氏が

昨日の参議院の憲法審査会で「例えば、今アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。

これは奴隷ですよ。はっきり言って。アメリカの建国、あるいは当初の時代に奴隷がアメリカの大統領に

なるようなことは考えもしない。これだけダイナミックな変革をしていく国なんですよね」と発言


これには出席者から暴言だと批判の声が上がりました。


いったい丸山議員は何を言いたかったのでしょう?

アメリカの変革を賛美したかったのでしょうか?


会議のあと緊急記者会見を開き、誤解を与える発言をして申し訳ないと謝罪し発言を撤回しました。


議員の先生方 言葉を発する時は慎重に考えて後々謝罪しなければならないようなことのないように。

謝罪や撤回しても発したその言葉は永遠に消えることはないのです。

そして己の評価を下げるだけでなく関係する全てに迷惑をかけてしまいます。


つまり、恥をさらし、頭を下げ続け、後ろ指を指され、

最後は自業自得と言われて地位まで失うはめになるのです。


若女井

 

民主中川議員 首相を睡眠障害にと発言

201621711158.jpg

 

 

【民主中川議員 首相を睡眠障害にと発言】



民主党が政権を担っていた時の文部科学大臣をしていた人ですが、16日民主、維新両党の合同代議士会の中で

『いよいよ攻勢をかけていきたい。安部首相の睡眠障害を勝ち取ろう』と挨拶しました。


金銭授受問題で辞任した甘利明経済再生担当大臣が睡眠障害で自宅療養していることを

引き合いにだしたものですが、この発言後不適切との指摘を受けて

「政府に対し反転攻勢をかけたいという趣旨だった 表現が誤解を招いたとすれば、取り消したい」

と釈明しました。



政治家の発言は我々一般人とは重さが違うものですが、

このところの政治家の発言には重さを感じられないどころか軽すぎます。


政治家は選挙で選ばれた人であり、立場をよく理解して慎重に言葉を選んで発しなければなりません。


つい最近、ベテラン社労士が「社員をうつ病にさせる方法」と言うブログを書き

懲戒処分を受け話題になったばかりですが、それと変わらない軽はずみな発言ですね


若女井

 

老人ホーム投げ落としやっと犯人逮捕

201621611933.jpg

 

 

【老人ホーム投げ落としやっと犯人逮捕】



川崎の有料老人ホームで一昨年3人の入所者が深夜120センチ高のフェンスを乗り越え 

落下して死亡した事故(事件)で誰がみても誰かが投げ落とした以外は考えられない状況であるにもかかわらず

なかなか逮捕に至りませんでしたが、やっと3人の転落事故の同日に夜勤で入っていた

23才の男性職員が逮捕されました。


昨日の朝、老人ホームに入所している母とまだ犯人逮捕のニュース聞かないけど警察何やってんだろうねと

話題にしていたばかりでした。



政府は介護現場からの離職者ゼロを目指すと介護職改革に本腰を入れていますが、

つい先日も特別養護老人ホームの若い女性職員が仕事が辛いと

施設長をナイフで刺した事件があったばかりです。


北海道の老人ホームでも入浴を拒む入所者に着衣のままシャワーを浴びせた事件もありました。



介護の仕事は大きな包容力をもった人でないと出来ません。


私はほぼ毎日仕事前に母親の所に顔を見せに寄っていますが、

24時間付きっきりで面倒をみている訳では無いので大変さを知っているとは言えません。


本当の大変さは比べ物にならないと思います。


今後容疑者の供述で犯行の動機が解明されますが、そこからこのような事件や虐待が

2度と起きることのないよう介護現場の改革も進んで欲しいと思います。


若女井

 

こいつは許せないな

2016212104541.jpeg

 

 

【こいつは許せないな】



札幌市内で離婚した元妻(23才)とその母親が殺傷された事件で逃亡していた男が

山中で車の中にいるところを発見され逮捕されましたが、

この男は警察の取り調べで「記憶がない」と容疑を否認しているといいます。


金属バットと包丁を持って元妻を殺害しようと母子の住む家に上がり込み、一緒にいた母親の頭を殴り殺害、

1才の子供を連れて逃走したのですが、「話をしようと思って家にいった。殺意を持って行った訳ではない。

家の中に入ってからの記憶がほとんど無い」と語っているようです。


この男は小さい頃から暴力をふるっていたようですが、

こともあろうに祖母にお金をせびり断られるとなんと祖母に暴力をふるって

お金を取っていたと言うからとんでもない親不孝者です。



逃走車の中で灯油を頭から被っていたらしいのですが14日が祖母の命日で、

その日に死のうと思っていたと語っていたらしいのですが、4日も先なのに灯油を頭から被るかな? 


自分の祖母に暴力をふるってしまう位ですから、

妻にもそして親にも気に入らなければ暴力を簡単にふるったのでしょう。


こいつは地獄から戻れないようにしないと



若女井

 

朝食なしは脳出血リスクが高いという話

201629105458.jpg

 

 

【朝食なしは脳出血リスクが高いという話】



国立ガン研究センターなどの研究チームが朝食を食べる回数が週2回以下の人は、

毎日食べる人に比べて脳出血の危険性が36%高まると4日米医学誌に発表されました。


チームは全国8県に住む45~74才の男女82.772人を1985年から2010年まで追跡調査をしてきました。

この間に脳出血を発症した人は朝食回数0~2回の人が

毎日摂取する人に比べ36%も高かった事がわかりました。


欧米では朝食の欠食が心筋梗塞の危険性を高めると報告されています。

朝食を食べないと朝の血圧が上がるためと考えられます 



やはり人間は朝・昼・晩規則正しく食べた方がリスクが少ないということのようです。


若女井

 

ページ上部へ