ホーム>ジュリアンブログ>2016年1月

2016年1月

イラン大統領訪問でローマの裸像に覆い

2016129105751.jpg

 

 

【イラン大統領訪問でローマの裸像に覆い】




25日、イランのロウハニ大統領の訪問を受け、ローマの市庁舎や美術館に展示されている裸像が

白い板で覆われてしまいました。


これにはマスコミからも「文化の冒涜」と非難が高まりました。


経緯を説明しますと、イタリア企業とイランが2兆2000億円の事業で合意し、

25日にローマのカピトリーノ美術館で両国首脳が会談、調印式、演説を行ったのですが、

どうも事前にイラン大使館側から美術館内の裸像を覆って欲しいとの依頼がイタリア首相官邸にあり、

官邸側がそれに応じたようです。


しかしレンツィ首相も文化相もこの措置について知らされていなかったらしく、

「理解し難い」と嘆いたようです。


イランのロウハニ大統領は、会見でその騒動については知らないと答え、

イタリアの「歓待」に感謝すると述べ帰国してしまいました。


まあ、2兆円ものお客様のご要望にプライドも覆い被せて応じたってことですが、

またしてもイスラム教が関わって嫌な結果だけ残ったということですね。


恐らく世界中のイスラム教以外の人はイスラム教が、他の国の文化、宗教を理解し尊重し、

敬意を払い接したら今の争い事は治まっていくと思っていると思います。


早くそんな若手宗教指導者が現れてくれないかな 無理か


若女井

 

元慰安婦来日

2016128112353.jpg

 

 

【元慰安婦来日】



いったい誰がわざわざ来日の手配をしたのでしょう?

日韓両政府の間で最終的にこの問題を終結するべく昨年末に合意をしたはずではないでしょうか?


26日衆議院議員会館で記者会見し、「なぜこんな合意で私たちを愚弄する」と訴えましたが   

ちょっと待てよ・・・何か違うんじゃない?

それを何で日本で記者会見するの?


それは韓国の国内問題です。


もっと言わせてもらえば、朴槿恵大統領のお父さんが大統領の時に日韓請求権協定という

国際条約を締結しており、慰安婦や労働者に対する補償も含め全ての請求を完了するというものでした。


対して日本は経済協力としてそれ相当額を拠出しましたが、韓国政府はインフラ整備に注ぎ込んでしまい、

彼等にはきちんと手当てをしなかった為に現在に至ったのです。



これも全て韓国の問題なのです。


若女井

 

甘利大臣完全に嵌められたね

2016125103738.jpg

 

 

【甘利大臣完全に嵌められたね】



突然出てきた重要閣僚の金銭スキャンダル。


記事元は週刊文春ですが、どうも何かがしっくりこないのです。

もしも記事の通り甘利大臣側が金銭を受け取っていて、

政治資金規制法に触れていれば政治家として責任は間逃れません。


ただ、この件は常識的に考えられないストーリーなので甘利大臣の疑惑以上に

物凄いどんでん返しがあるような気がしています。



まず、千葉県の会社がなぜ神奈川県の甘利大臣に近づいてきたのか?

大臣室に初めて訪れた時から秘密裏に録音機を用意していた。

しかも50時間以上録音・・・  ピン札の紙幣番号をコピー・・・

秘書に金銭を渡すところを週刊文春の記者に身分を隠して立ち合わせ隠し撮りまでしている。


金銭を渡すと言うことが謝礼だとしたら、何故記者を呼ぶ? 

自分達も贈賄側で罪になることを記録に残すかな普通?


お願いをしたことをやってくれなかった時に脅迫が目的で証拠を残しておくためだとしたら、

記者を呼んでおくことは不自然ですね。


これら一連の行動は初めから甘利氏を嵌める目的以外に考えられない訳で、

今後調べが進むとどこかの政党が浮かび上がってくるかも知れませんよ

追求に一番熱心にチームを作って取り組んでいる政党が一番怪しいところでしょう



それにしても甘利大臣も秘書もちょっと脇が甘かったですね

まあ責任は負わざる得ませんが後ろで誰が人を引いているのか必ず暴き出して下さい。


今年一番のビッグニュースになるかも知れませんよ



若女井

 

CoCo壱の連係が凄い❗

2016123135551.JPG

 

【CoCo壱の連係が凄い❗】



13日に突如飛び出した驚きのニュース!! 


CoCo壱が廃棄したはずの「ビーフカツ」がCoCo壱のフランチャイズ店に勤務する

パート従業員がスーパーマーケットで買い物中に販売されているはずのない冷凍ビーフカツを発見、

即写メを撮り本部に通報、1時間もしないうちに広報に一報が届く。


そこからがまた早い❗

全社員をあげてこの事件の解明に取り組み始めました。

まず問題のスーパーマーに出向き調査、製造コードを調べると同社が廃棄業者に依頼し

廃棄したものだと判明しました。


産廃業者は「ダイコー」しか使っていないので経営者を問い詰めると横流しを認めたためすぐ警察に通報。

ここまでを1日の内にやってのけ、不正転売の第一報を出したのですが、調べると出るわ出るわ、

とんでもない産廃業者でした。


CoCo壱の対応の速さ、被害を最小限に留め、不正転売による更なる被害も防ぐことができたことが

ネット上でも高く評価され信頼度もアップ

株を上げましたが、反対に大村愛知県知事は「CoCo壱は反省して欲しい」と述べたために

「CoCo壱は被害者だろ」

「処理業者の認可やチェックは行政の責任問題だろ」と批判を浴びてしまいました。


産廃業者の経営者を何人か知っていますが、正直相当な悪ばかりです。

産廃は儲かると公言してますし、悪知恵を働かせたらいくらでも金儲けが出来てしまうのもこの業界の

旨味なのかも知れませんね


想像もしていなかった盲点というものは身近にもあることが分かり驚いた一件でした。


若女井

 

すしざんまい社長の話題が?な話

201612211859.jpg

 

 

【すしざんまい社長の話題が?な話】



この数日ニュース見ても気になるものが無くて

話題と言えばSMAPやベッキーなどどうでもいいような話ばかり

つまんないなと感じてブログも書き進まなかったのですが、昨日ちょっと気になる話がありました。


あのマグロの初競りでこの何年か最高値で落札を続けて知名度を上げた『すしざんまい』の木村社長が

なんとソマリヤの海賊に会いに行って、彼らにマグロを捕れ、そしたらうちが買い取る、その為の船も貸そう、

捕り方も教えよう、保管の冷凍庫も用意しよう、国際的に魚の売買が認められるよう登録の後押しもしようと

全てをセッティングし3年、今では海賊による被害もゼロになったと


さらに今は大赤字だけど軌道に乗ればペイできるし何よりジプチの彼らも犯罪でなく

安定した収入が得られる事になる。



とまあ格好いい話なんですが嘘ではないがかなり誇張している感がいがめません。


確かに海賊行為はこの3年位前から各国の軍艦がソマリヤ沖の警備にあたりだし

仕事にならず減り出したのも重なっているので、何に起因しているかは不明ですが、

その数字をちゃっかり利用しているのかなと思います。


あの高値で競り落とすのも宣伝効果を考えたら安いもんだと考えている人ですからね

まあ分かりやすい社長だから憎めないですけど


若女井


追 昨年9月以降また海賊被害が増え出してきているようです。

  ただし違法操業をしている漁船が襲われているようなので我々の魚を勝手に捕るなと

  怒っているのかも知れませんが・・・

 

中東の笛なんとかならないかな

2016120121334.jpg

 

 

【中東の笛なんとかならないかな】



スポーツ競技には主審、副審、競技により線審、塁審等必要に応じた審判がいます。

中でも主審は絶大な力を有しています。

そしてこの主審の笛でどれだけ泣かされた試合、泣かされた選手がいるか

審判も人間ですから見誤り、見落としもありますが、

勝敗の行方を左右するケースでの誤審は覆すことができないだけに責任は重大です。


特にサッカーで中東のチームと試合があるときに主審、副審にアラブ系が入ると

いわゆる【中東の笛】と呼ばれるあきらかな誤審が良くおきます。


日本の相撲は昔から「物言い」と言う再審制度があり、審判5人が土俵上に上がり協議をしますし、

ビデオ判定を導入してさらに公正な判定を心掛けているので見ている者全てが納得しています。


ボクシングはKOで決まらない場合ホームタウンデシジョンと言われるホームに有利な判定が良くありますが、

挑戦者側はKO勝利しないと敗けだと覚悟しているところもありますが、

これは審判の見方が各々違うからでもあります。



昨夜のサッカー 日本対サウジアラビアの試合でカタール人の主審がこの笛を吹きPKを与えました。

試合はPKでの1点は取られましたが日本が2ー1で勝ち事なきを得ましたが

ビデオをFIFAに送り問題ある主審は採用しないようにさせないといけませんね


若女井

 

さあ仕事頑張るぞ

201611911233.png

 

【さあ仕事頑張るぞ】



鶴岡八幡宮近くで空手の道場としてお借りしている老舗天婦羅屋『天金』さんが正月の営業のため

少し長く空手の稽古を休んでおりました。



タイミング的に今しかないと急きょバリ島旅行に行ってきたのですが、

バリとこちらでは30度以上も温度が違うのでやはり腰は痛くなるし、膝も痛くなるでいやになっちゃいます。


バリ島には将来的には住みたいと行く度に土地を見たり、不動産物件を見たりしているのですが

まだまだ諸般の事情により無理なんですが、夢を持って頑張っていれば敵うときがくるかもしれません



その時のためには先ずは健康体でなければ意味がありませんので、

人生を楽しめるよう鍛えていこうと思います。



さあてリフレッシュしたので仕事頑張ります!!


若女井

 

海ブドウ

2016116111837.jpg

 

【海ブドウ】

日本では沖縄でしか手に入らない希少品、お値段も結構なものですが、ここバリ島で食べることができます。

しかも日本のものよりはるかにビッグサイズ、ボリュームもあり、シャキシャキとした歯応えで、食べたら

病み付きになります。


そしてこちらでは日本人以外に誰も食べないのでとても安く買えるようで、日本レストランで一皿250円くらいです

食べ方は至ってシンプル、少し甘くしたお酢につけて食べるだけ。

この海ブドウは毎日食べてますが、飽きません。

それどころか日本で食べれないのと持って帰れないのが残念でならない


メニューで出している店は1店だけなので、バリ島に行く計画があるかた、クタにある日本レストラン

『TAKE』で食べられます。

これは一番のお薦めです。

若女井

20160112_195407.jpg

みんな怠け者

201611514136.jpg

 

 

【みんな怠け者】



バリのスポーツジムの受付嬢の怠けぶりをこっそりとパチリ


二人とも仕事そっちのけでスマホをいじっています。

インストラクターもスマホをいじりながら教えたりサポートしてます。

かくいう私も時々スマホをいじったりしていますからとやかく言える立場ではありませんが…

日本ではクビになるでしょうね。


街の商店の店先にも店員が何人も座って話をしています。


デパートでも店員さんが集まって立ち話をしたりしています。

きっと仕事のルールにはそのようなマナー的なものはないのでしょうね


バリ人と待ち合わせをしても約束の時間にきた人はまずいません。

バリタイムと言うらしいですが・・・


バリ島ではよく日本レストランに行きますが、日本人経営者のいる店では皆よく働いています。

経営者が普段いない店は若干ルーズになりますが、それでもかなりいい方です。

経営者がいなくても変わらなく働く日本人てやはり勤勉なんですね


暖かな国の人達はのんびりとできているのですね

だからこちらにいるとスローライフでいられるのかもしれません


若女井

 

☆今日のディスプレイ☆

2016114101014.jpg

 

まだまだ、寒い日が続きますねぇ

これから寒さ本番、ジュリアン店内まだまだ活躍できる冬物お買い得価格で販売中です!!

表示価格よりも更にお値下げ出来る商品もございますので、お気軽に遊びに来て下さい(^O^)/

ページ上部へ