ホーム>ジュリアンブログ>想像を絶する練習量
ジュリアンブログ

想像を絶する練習量

2015730103717.jpg

 

【想像を絶する練習量】


今の高校野球の頂点にいる学校はどこかと聞けば間違いなく《大阪桐蔭》と誰もが答えると思いますが、

その大阪桐蔭に今春の大阪大会決勝で敗れた大阪偕星学園(旧  此花学院)が打倒、桐蔭を目標に

深夜まで及ぶ12時間をこえる練習を積んで夏の大会に挑んできました。



その大阪偕星学園が無敵の大阪桐蔭を3-2で破り大金星をあげました。



監督は選手のポテンシャルはうちの方が低い。

ただ、うちの方が桐蔭より練習をしている。

それが自信になっているといいます。


技術を超越したここぞの時に出る力はやはり誰にも負けない練習をしてきたという精神力意外の

なにものでもないのです。



私の母校日本大学の空手部も全く同じです。

合宿では朝の6時から練習開始、朝食後少し休んでから昼食までまた練習、ここまでで5時間。

午後は2時から夜9時まで7時間の練習をしています。


これはやった者しか分かりませんが、限界をはるかに超えています。


日本一を目指すにはどこよりも誰よりも稽古をしているという自負が、諦めない精神力を生み出し、

想像を超えた技が出るのです。



毎年この時期になると高校球児の姿と自分をダブらせて見てしまいますが、今は最高の思い出であり、

心の支えとなっています。



若女井

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.julian.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3803

ページ上部へ